読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コレパパ!

パパの子育てに関するあれやこれや

ベビーカーはA型とB型どちらを買う?ライフスタイルで決めよう

ベビーカー種類があるのはこちらの内容でお伝えしました。 参考:ベビーカー選びは大変!?パパ必見、ベビーカーの種類についての解説

「じゃあベビーカーはA型とB型どちらを買うべきなんだろう?」 そんな悩みが出てきますよね。

ぼくもそうでした。ネットで口コミを見るのですが、余計に迷います。

色々考えた結果、ベビーカーの選択肢は2種類!という結論にたどりつきました。 今回はそれを紹介したいと思います。

ベビーカーを選ぶポイントは自分の生活環境にある

ベビーカー選びで悩むパパとママのために、ポイントを2つに分けて解説してみました。 ざっくりとした切り分けですが自分が必要なベビーカーがどんなものか?がイメージできると思います。

都心部で公共機関中心の生活

もし電車やバスなどの公共機関がメインの移動手段の場合B型ベビーカーの購入をするべきです。

B型ベビーカーは折りたたみ安く、軽いタイプが多いのが特徴です。 電車に乗る時の登り降り、バスに乗る時の段差、道を歩いているときの階段などベビーカーが重いと苦労してしまうシーンが多くなります。

買い物、ちょっとした散歩、用事・・・などなど赤ちゃんが産まれてからも外出する機会は多いものです。

スクリーンショット 2016 11 22 11 39 30

こんな急な階段に行くことは少ないかもしれませんが、ベビーカーが軽いと便利なことは伝わりますよね。

B型ベビーカーの注意点

しかしB型ベビーカーは生後7ヶ月後ぐらいしか使うことができません。

ですので生後は赤ちゃんも軽いので抱っこ紐で対応し、成長してきたらベビーカーを使うスタイルがおすすめです。

もしくは別売りのケージを買うことで、産まれた直後から対応できるモノも一部あります。 そういったベビーカーにするのもいいかもしれませんね。

郊外で車中心の生活

移動は車中心の郊外での生活環境の場合はA型ベビーカーがおすすめです

車に積むことができるのでベビーカーの重さを気にしなくていいメリットがあります。 週末にイオンなどの大型ショッピングモールに行く際にはA型ベビーカーのような、押しやすく荷物も乗せやすいタイプが重宝します。

抱っこ紐でもいいですが、長時間の買い物ではかなり疲れてしまいます。

チャイルドシートとの連動ができるA型

そしてなによりA型ベビーカーはチャイルドシートと連動するタイプが多いというのもポイントです。

スクリーンショット 2016 11 22 12 31 10

チャイルドシートを車から取り外して、そのままベビーカーに・・・という使い方ができるのもA型ベビーカーの大きな魅力です。

スクリーンショット 2016 11 22 12 32 46

車がある生活ならではですね!

ベビーカーはA型B型どちらを選ぶ?まとめ

いかがでしょうか、ベビーカーを選ぶ2つの基準を紹介しました。

  • 都会に住んでおり移動手段が電車やバスが中心の人はB型ベビーカーがおすすめ
  • 軽いタイプ、ママでも片手で持てるベビーカーが充実している
  • 郊外に住んでおり移動手段が車がメインの人はA型ベビーカーがおすすめ
  • A型ベビーカーなら車のチャイルドシートと連動するタイプが多く便利

まとめるとこのようになりますね。参考にしてください。

ちなみに我が家は車を持っていませんので、B型ベビーカーの購入を計画しています。 ベビーカーに乗れるようなるまでは、パパが抱っこ紐で頑張ろうと思います(笑)